トップページ
お問い合せ

事業案内
ご依頼の流れ
導入事例
制作料金
よくある質問
ライター紹介

 ラインナップ
小説
自伝
その他

サイトマップ
個人情報保護
特商法義務表記
スマホ用メニュースライドボタン・長編原稿+
長編原稿+
 

小説・自分史など長編原稿専門の執筆代行・文章制作・代筆

長編原稿+
問い合わせ 提案 原稿補助 自伝作成 小説作成
“自分の著作を持つ”ということ。
400字詰め原稿用紙30枚を超える小説・自分史等の長編原稿を専門とした文章制作・執筆代行

執筆者のご紹介


代筆家。 1977年鹿児島生まれ。
TVゲームのシナリオや広告制作等、クリエイティブと文章の世界に携わる。2010年にゴーストライターズユニットを結成。2015年「さくら作文研究所」を設立し、以降は「文章専門・原稿制作」など各種代筆ブランドを運営。小説・自分史等の長編原稿の他、手紙やスピーチ、寄稿文など短文も手掛ける。300件以上の受注実績を持つ。


<ライティング関係を中心に著作出版中>

代筆  代筆  代筆

Amazonにて発売中

制作実績~お客様の声

半生記

経済的に苦しい中、女手一つで育てた長男が、いまや成功し親孝行してくれます。感謝していますが会うと親心でつい厳しい口調に。本にして本心を伝えようと依頼しました。お陰様で現在は仲良し親子です。

E様 70代

歴史小説

郷土史を研究する中で浮かんできた一つの仮説が、壮大なロマンとして膨らみ、いつかまとまったストーリーにしたいと思っていました。物語展開でお力をいただきました。創作の楽しみにも気付いた次第です。

N様 60代

実録小説

士業を営む中、多くの顧客が曖昧な情報で損をしている現実に危惧していました。実情と解決策を小説本にすることで一助になればと依頼しました。私自身のブランディングにもなり、実業につながっています。

K様 50代

経営者自伝

団塊の世代に生まれ、石油危機のさなかに起業。バブル崩壊や景気低迷に翻弄されながら会社を守ってきた歴史を、次代の社員や子供たちに残したく、憚りながら依頼しました。本は取引先にも喜ばれています。

Y様 70代

上記は一例です。
この他にも多数のお喜びの声をいただいております。
自著のもたらす豊かさの数々
書籍として世界に残る セルフブランディング 自費出版 インカム(副収入) コミュニティへの参加
自著を持つことによる可能性の幅は無限です
これらのどれか一つでなく、全てを楽しむことができます

よくあるご懸念

お納めする作品の権利はお客様に帰属します。
代筆家の存在は一切出ません。出しません。

ゴーストライターって大丈夫なの?」と思われる方は少なくありません。
文章というものは、なぜか「自分で書かなければいけないもの」と思われがちです。
しかし、考えてみてください。表現とは、本来そんなものでしょうか?
映画やアニメはチームで制作します。現代の出版界でチームライティングは常識です。マーケターがいて、編集がいて、著述家がいます。いいものは大勢で作るのです。
長編原稿+も同じ考えです。
執筆こそ代筆ライターが務めますが、アイデア原稿の最終ゴーサインは、お客様ご自身です。

その他のご質問(一部)

基本的にメールでのやりとりをお願いしています。やりとりがメールの文面に残りますし、ファイルの添付も行えて便利です。
もちろん、電話での打ち合わせも可能です。その場合、あらかじめメールで日時をご予約ください。なお、電話で原稿に含める情報をお話しいただく際、記録のために通話を録音させていただく場合がございます。

はい。自伝など長編原稿をご依頼の場合、出張取材に応じています。取材費および宿泊・交通費をお申し受けいたします。

ご依頼になる作品のボリュームや内容によって異なります。詳しくはお問い合わせください。

体験した方は知っている「賢い」自己実現

“想い”は形にしなければ
実在しないまま。

言葉を文章にする。書籍にして人に託す。意味は実態を兼ね備えて初めて伝播可能な価値となります。
ある」と「ない」では大違い。単なる自己満足ではない広がりと輝きがもたらされるのです。
たとえその人がいなくなっても、言葉は残ります。 音声録音と違い、念入りに推敲された文章が残るので、誤解や齟齬は極力生じません。

賢い時間活用は、自己投資です。

人生の限られた時間で一冊分の本を自力で書きあげるのは、時間的パフォーマンスとしては、あまりよくありません。
アイデアやメッセージをしっかり押さえておいて、執筆は“おまかせ”。納品後の作品はお客様のものなので、好きに書き換えて完成。時間を有効に使うことは、自己投資への機会損失を未然に防ぐ賢い生き方です。

あなた自身の原稿力が磨かれます。

一度ご自身のプランがプロの手で形になったのを目にすれば、次作のアイデアづくりの学びになります。文章表現を真似して次から自分で執筆する参考にするのもよいかもしれません。

まずはご相談ください

気になる原稿料は?

原稿料は、作業の総量を 20×20原稿用紙枚数に換算して計算します。 ご好評の料金プラン 小説 自分史・社史など伝記 他社との価格比較
お問い合わせの前に ポイントをチェック!

“依頼の流れ”はどうなってるの?

はじめてのメールお問い合わせからお見積り・執筆・納品・お支払いまで、主な流れをまとめてみました。リンク先をご覧ください。
ただしこれは一つのパターンです。お客様のご都合に合わせ、枠を設けず制作進行します。

自動見積りで料金チェック!

原稿制作のお値段は、ボリュームによる単純な価格設定だけでなく、お客様から提供いただく草稿やアイデアによって増減します。
お問い合わせ前に料金シミュレーションを試してみてください。

事業者情報

 

長編原稿+(プラス)」は、文章制作・代筆専門「さくら作文研究所」の運営する執筆代行サービスです。
 さくら文研はお手紙・挨拶状・レポートといった身近な文章制作から、自伝・小説・シナリオなど大長編原稿に至るまで、幅広く原稿制作のお手伝いを行っています。
 長編原稿+(プラス)は、屋号の通り長編原稿に特化し、さくら文研が独自に蓄積した文章作法を駆使して、ご依頼者様の意図を忠実かつ効果的に実現する代筆業務を行っています。長編原稿+(プラス)の執筆代行サービスが、ご依頼者様のニーズに適切に応え、社会に寄与する活動を果たせれば、これ以上にうれしいことはありません。